美容

肌荒れを防いで、ハリのある肌を保つ方法とは?

投稿日:

スポンサードリンク

冬、皮膚トラブルが多くなる季節。乾燥した空気や水仕事、体の不調などから、肌がカサカサして荒れることが多発します。

肌荒れを予防するにはビタミンAを取ることがオススメです。

ビタミンAの重要な役割とは?

皮膚を健康に保つにはビタミンAが欠かせません。ビタミンAが不足すると肌が潤いを保つ成分がでにくくなります。また、喉の粘膜の成分にビタミンAは欠かせません。

では、ビタミンAが含まれてる食物は何でしょうか?

ビタミンAが多く含まれれる食品は豚、牛、鶏の肝臓に多く含まれます。それからうなぎやいか、卵にも多く含まれます。

カロリーを控えて上手にとるには体内でビタミンAになるカロチンを含むものを積極的に食 べ ると良いです。カロチンは、緑黄色野菜に多く含まれています。

緑黄色野菜を食べれば、ビタミンCや食物繊維など 、美しい肌のために必要な栄養素も同時にとることができ ます。ほうれんそう、にんじん、かぼちゃなどをはじめとする、色の濃い野菜を積極的に食べましょう。

また、カロチンは脂肪と合わせて摂取すると、体内での吸収がよくなります。緑黄色野菜の力ロチンを生かすには青魚を会わせたメニューがおすすで、青魚は肌にうるおいを与えるDHAも豊富なので、 理想的な組合せです。

肌の弾力を維持する

歳をとると肌のハリがなくなるのは、皮膚のコラーゲの代謝が悪くなるからです。

コラーゲンは、たんぱく質の一種で皮膚や髪のハリやっやを保つのに大切な成分です。
年齢を重ねると体内でコラーゲンを合成する能力が低下します。

コラーゲンは食事で補給することができます。

コラーゲンは、肉や魚の骨、軟骨、皮の部分にたくさん含まれています。煮込むことで抽出できるので、牛のすじ肉やすね内、鶏の手羽やガラの煮込みやスープ、煮魚などがおすすめです。

体内でのコラーゲンの再合成にはビタミンCが欠かないので、コラーゲンが含まれてる食品と合わせて青菜を加えて食べることを心がけましょう。

-美容

Copyright© ハピトモ , 2019 All Rights Reserved.